日々の想い

2017-09

伊藤真さんの本

  

ひるね

寝る子は育つ
目の中に白内障の白い
ポイントができてきたものの

ときどき、ちっちが間にあわず
無色の透明の円盤を
そこかしこにのこして
いるものの

欲と大きな声に
励まされております。

~   ~   ~

ブックオフでうろうろしてましたら
伊藤真さんの本に出会いました。

「記憶する技術」という本です。

司法試験会の「カリスマ塾長」が
伝授する、「記憶」を
自由自在にコントロールする方法
とありました。

サンマーク文庫です。

~   ~   ~

たくさんの塾生が
この塾に通って
研鑚して世に出て行っているのでしょう。


今更、司法試験というわけでは
ありませんが
変化の少ない毎日の中でも
意識していいものを選び取り
新しい記憶をつくりだして、
自分自身に積極的な
意味を与えていく。
よくないことは 「忘れる」ことも
大事。
そのほか 楽器楽譜の
記憶法など いくつか
参考になるものが
ありました。

伊藤真さん

あとがきのなかより

本当にすごい人は、自分を客観視することができるため、
己の無力さをしっているし、自分よりも優れた、かなわぬ存在が
いる可能性を想像できる。
なによりも、己の判断が間違っている
危険性を想像できるから、
その判断に謙虚でいることができる。
略・・・
・・・
そして何より、人間として畏れの気持ちを
もちつづけることができる謙虚さを
持っていてほしいと願っている。

と結んでいました。

2015年12月 著者 とありました。
昨年の今ごろの もの、

~   ~   ~

ほかにも
たくさん本をだしておられます。
因みに、夫の書架の中に
伊藤さんがほかの人と
対談していた本をみつけ
吃驚しましたが。


~   ~   ~

伊藤さんが外交官を目指していた時代に
もっと必要だと感じたのは憲法であると
感じたことから法律の勉強へと
進んだらしい。

~   ~   ~

復習のゴールデンタイムは
学習して1時間、または
寝る前の5分とありました。


~   ~   ~

人生には「忘れるちから」が必要である。
忘れるための「デリート」スイッチを押そう。
ソクラテスのいう「無知の知」など。

深い内容ではあるものの
その理解は別として・・・

人生 まだ 面白いなぁと
感じさせてくれた 本でした。



 
 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokuten.blog16.fc2.com/tb.php/925-839b43b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

カウンター

プロフィール

ruby-mama

  • Author:ruby-mama
  • 2004年2月7日生まれの
    キャバリア・ブレンハイム
    ruby(女の子)との日々を
    つづっています。
    身の回りの植物に目をとめては
    立ち止まります。

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

更新リスト

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

 

ブログ内検索

RSSフィード